賃料の相続には遺産分割が必要?

賃料はどのように相続されるのでしょうか。

相続財産には遺産分割が必要なものと遺産分割は不要なものがあります

相続により承継する財産には様々なものがあります。承継の仕方も相続する財産の種類により異なります。相続財産をそのまま承継するものがあれば、相続財産を承継するために遺産分割が必要となる財産もあります。

例えば、亡くなられたお父さんがお金を誰かに貸していた場合の貸金債権は相続開始と同時に、相続人に分割承継されます。これに対して、預貯金や現金については、遺産分割の手続によって、誰のものになるのかを決定します。預貯金は金融機関に対する債権ですが、預貯金の性質的には確実かつ簡易に換価することができる点で現金との差がなく、他の貸金債権に比べて不確定要素が少ないため、現金と同様の扱いとされています。

賃料債権は?

亡くなられた不動産から発生する賃料は、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権となります

判例では、「相続開始時から遺産分割までの間、遺産は共同相続人の共有に属するところ、この間に遺産である賃貸不動産を使用収益した結果として生じる賃料債権は、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得する(最判平17・9・8民集59-7-1931)。」としています。また、遺産分割が行われた場合、原則として相続開始の時にさかのぼって、効力が生じます。しかし、この賃料債権については、遺産分割の影響を受けないのです。

ただし、共同相続人全員の合意があれば、貸金債権も遺産分割の対象財産の中に取り込んで分割の対象とすることは差し支えないと考えられます(参考「福岡高決平8・8・20判タ939-226」)。共同相続人が遺産分割の分配に合理性を見出したのであれば、共同相続人の意思を尊重すべきという考えです。

相続財産である不動産を勝手に賃貸に出した場合はどうなるのでしょうか?

2年ほど前に、父が亡くなり、相続手続をする必要が出たのですが、義理の母が亡くなった父の不動産を賃貸に出しました。これにより発生する賃料は、義母だけがもらえるのでしょうか。

相談者様であるBさんは、亡くなった父であるAさんの相続財産を、Aさんの後妻のCさんによって勝手に賃貸に出されているとして相談にきました。故人であるAさんの相続人は、長男のBさんと後妻のCさんの2人です。相続関係図は下記のとおりです。また、Aさんが亡くなってから、遺産分割協議はなされていませんでした。

この事例の場合も相続財産である不動産から生じた賃料債権は、遺産に属しません。遺産は相続人が数人ある場合、相続開始から遺産分割までの間は相続人の共有となります。この間に生じた賃料債権は相続人の法定相続分に応じて帰属します。よって、Bさんとしては、法定相続分に従って、賃料の半分をCさんに請求することができます。

相続財産である不動産を勝手に賃貸に出された場合の賃料の帰属に関する家系図

遺産の承継手続にお悩みの場合は一度専門家にご相談ください。

相続財産については様々な種類の財産があります。財産に応じて誰がその財産を取得するのか、またどのような手続が必要となるのか、など様々な知識が必要となります。相続について不安なことや不明なことがあれば、専門家にご相談頂くことをおすすめ致します。リーフ司法書士事務所では、遺産の相続分配につき、中立的な立場で相続人の意見調整をサポートし、遺産の承継手続をさせて頂きます。いつでもお問い合わせください。

よくご相談いただくプラン

リーフ司法書士事務所の解決事例・相続コラムはこちら

初回相談料無料
トップページに戻る