解決事例

相続及び相続対策のお手続きにつきこれまで扱った事例の一部を紹介致します。

親族のいない一人でお住まいの方の相続の備え

親族のいない一人でお住まいの方の相続の備えの画像

親族のいない一人でお住まいの方の相続の備え

今回の事例は、頼れる親族がおらず、ずっと自身のことをご近所の方が面倒を看てもらっていた人の事例です。ずっと面倒を看てくれていたご近所の方に、今後も面倒を看てもらえるようにし、お返しに少しでも財産を渡してあげたいという方の事例です。最終的には、遺言書、任意後見契約、死後事務委任契約を行いました。是非ご覧ください。

障害を抱えた子のための信託を用いた相続対策

障害を抱えた子のための信託を用いた相続対策の画像

障害を抱えた子のための信託を用いた相続対策

障害を抱えたお子さんがいる場合、ご自身に何かがあったときに誰が面倒を見るのか不安を抱えている方もいると思います。ご自身に認知症や相続などの何かが起こる前に家族信託を用いた対策の解決事例をご紹介します。

介護施設費用を賄いたい。認知症対策の家族信託を用いた解決事例

介護施設費用を賄いたい。認知症対策の家族信託を用いた解決事例の画像

介護施設費用を賄いたい。認知症対策の家族信託を用いた解決事例

認知症対策として、民事信託を利用した解決事例です。

相続人の一人が遠方の刑務所にいる遺産分割による解決事例

相続人の一人が遠方の刑務所にいる遺産分割による解決事例の画像

相続人の一人が遠方の刑務所にいる遺産分割による解決事例

今回は、相続人の一人が遠方の刑務所に服役し、相続人間の遺産分割協議がとても困難であった事例について解説しております。

相続人の一人が認知症の場合の遺産分割による解決事例

相続人の一人が認知症の場合の遺産分割による解決事例の画像

相続人の一人が認知症の場合の遺産分割による解決事例

相続人の1人が重度の認知症になり、意思表示ができない状態のときの遺産整理手続について解説しております。

遺産分割後、相続人の一人が印鑑証明書を出さない場合の解決事例

遺産分割後、相続人の一人が印鑑証明書を出さない場合の解決事例の画像

遺産分割後、相続人の一人が印鑑証明書を出さない場合の解決事例

遺産分割協議が成立したとしても、相続人の1人が印鑑証明書を提供してくれないと相続手続を行うことはできません。今回は印鑑証明書を提供してくれない相続人がいる場合のお手続きについて解説しております。