【相続した不動産の売却】不動産会社の選び方|相続専門の司法書士が解説

相続した不動産の売却はどんな不動産会社に依頼すべき?

不動産会社によって、そのノウハウや能力はピンキリです。スムーズかつ満足いく条件で売却するには、優れた不動産会社を選ぶ必要があります。

こちらでは、依頼をおすすめできる不動産会社の特徴を、次の3つに分けて紹介します。

  1. 依頼する上での最低限の条件
  2. 査定金額に合理的な根拠を説明できる
  3. 不動産売却の実績が豊富

1.依頼する上での最低限の条件

不動産会社を選ぶ最低条件は、「宅建免許を持っている」かつ「行政処分を受けていない」ことです。

① 宅建免許を持っている

不動産の売買業務を行うには、宅建の免許が必要です。

宅建免許を持つ人がいない不動産会社に依頼すると、売却に必要なネットワークやノウハウを持っていない可能性があります。

トラブルを避けるためにも、宅建免許を持っているかどうかはしっかり確認するのが大事です。

② 行政処分を受けていない

行政処分を受けた経験を持つ不動産会社も避けることをお勧めします。

行政処分を受けたことがある会社は、過去に問題を起こしているため、不動産の売却を依頼すると支障をきたす恐れがあります。

なお、行政処分を受けた不動産会社かどうかは、「国土交通省ネガティブ情報等検索サイト」から確認できます。

2.査定金額に合理的な根拠を説明できる会社へ依頼

不動産会社に依頼するときは、査定金額に合理的な根拠がある会社に依頼することをおすすめします。

売却金額は、過去の事例や近隣の競合物件、不動産の状況などあらゆるものに左右されます。

そのため、売却予定の不動産に実際にを足を運んだり、市場の状況などをしっかりと調査してくれる会社が、適性な査定価格を出すことができるのです。

売却の査定価格だけで依頼する場合は要注意!

売却の査定では、「一坪○○円で、△△坪あるから、□□円です。」という簡単な査定を出すこともできます。

しかし、売却する物件の状況によって金額は変わります。

感覚や希望的な観測、過去の事例だけで査定金額を出す不動産会社を選ぶと、後から売却金の大幅な値下げをせざるを得ない危険があります。

3.不動産売却の実績が豊富な会社へ依頼

不動産会社の中には、売却の業務をした経験がなく、分譲を専門にするところもあります。

売却の経験や実績がほとんどない不動産会社に依頼すると、なかなか買い手が見つからなかったり、安い価格での売却に終わるおそれがあります。

反対に、不動産売却の実績を持つ会社に依頼すれば、スムーズに買い手との契約が成立したり、納得できる金額で売却できる可能性が高いのです。

まとめ

まとめると次のとおりです

1.依頼する上での最低限の条件①宅建免許がある
②行政処分を受けていない
2.査定金額に合理的な根拠を説明できる実際に不動産の状況や市場を調査してくれる不動産会社
(売却金の査定金額だけで選ばない)
3.不動産売却の実績が豊富分譲を専門にしており、売却実績がほとんどない不動産会社も存在する

複数の不動産会社を比較するのも重要

相続した不動産を売却する際は、複数の不動産会社を比較することも重要です。

一つの不動産会社だけでなく、複数の不動産に売却の査定を出すことで、より良い不動産会社がどちらなのかがわかることが多いです。

よって、適性な価格で売却したいならば、複数の不動産会社に査定を出し、その中で最も条件面で優れ、信頼できる不動産会社に依頼する方が良いでしょう。

相続不動産の売却に関連したおすすめ記事

よくご相談いただくプラン

リーフ司法書士事務所の解決事例・相続コラムはこちら

初回相談料無料
トップページに戻る