家族信託

リーフ司法書士事務所の民事信託に関するコラムです。民事信託の基礎から、民事信託を用いた相続対策や認知症対策について解説しております。

【家族信託】受託者の税務署への提出書類|登戸の相続専門の司法書士が解説

【家族信託】受託者の税務署への提出書類|登戸の相続専門の司法書士が解説

家族信託の受託者が、業務を行う上で、税務署へ提出する書類があります。
こちらでは、信託開始から終了までで税務署へ提出する基本的な書類について解説しております。
【家族信託】受託者の税務署への提出書類|登戸の相続専門の司法書士が解説の画像

【家族信託】受託者の帳簿や計算関係書類の作成について|司法書士が解説!

【家族信託】受託者の帳簿や計算関係書類の作成について|司法書士が解説!

信託契約をして、帳簿とかを作らないといけないと聞いたけど、どうすれば?
という質問をよく聞きます。ここでは受託者の帳簿や計算書類の作成義務や報告義務、保存義務について解説しております。
【家族信託】受託者の帳簿や計算関係書類の作成について|司法書士が解説!の画像

【家族信託】受託者の業務って何?司法書士が受託者の業務と注意義務を解説!

【家族信託】受託者の業務って何?司法書士が受託者の業務と注意義務を解説!

家族信託を行った場合に、受託者はどんな業務をするのでしょうか?
受託者が行う業務とその業務をおこなう上での義務について登戸の司法書士が解説します。
【家族信託】受託者の業務って何?司法書士が受託者の業務と注意義務を解説!の画像

【家族信託】受託者は受益者の利益を優先!登戸の司法書士が受託者の義務を解説

【家族信託と競合行為】受託者は受益者の利益を優先!川崎市登戸の司法書士が解説

受託者は信託業務の範囲で、競合する行為を制限されることを知っていますか?受託者は、信託業務の範囲の行為をするときは、受益者の利益を優先させなければいけません。こちらでは、受託者の競合行為の制限と受託者がどのような場合に受益者の利益を優先しなければならないのか?について解説していきます。
【家族信託】受託者は受益者の利益を優先!登戸の司法書士が受託者の義務を解説の画像

【家族信託】受託者の利益相反行為って何?|川崎市登戸の司法書士が解説!

【家族信託】受託者の利益相反行為って何?|川崎市登戸の司法書士が解説!

受託者の財産を信託財産に贈与することが、禁止されていることは知っていますか?この贈与する行為は利益相反行為といいます。
家族信託では利益相反行為をすることは原則として、禁止されています。こちらでは、受託者の利益相反行為について解説していきます。
【家族信託】受託者の利益相反行為って何?|川崎市登戸の司法書士が解説!の画像

委託者の権利|家族信託

委託者の権利|家族信託

家族信託において、信託の対象となる財産を支出する人を委託者といいます。委託者は信託設定の場面では大きな役割を果たします。しかし、信託設定後はどのような役割を果たすのでしょうか?
今回の記事では、信託が成立した後の委託者の権利について解説しております。
委託者の権利|家族信託の画像

事業承継と家族信託|相続対策|リーフ司法書士事務所

事業承継と家族信託|相続対策

社会問題である高齢化により、「会社の相続」である事業承継が現在とても関心を集めています。今回は、家族信託を使った事業承継について解説します。
事業承継と家族信託|相続対策|リーフ司法書士事務所の画像

親の施設入所に伴う空き家リスクと家族信託

親の施設入所に伴う空き家リスクと家族信託

ご自身の祖父母や親が遠方で一人で暮らしている場合、空き家問題を抱える可能性は非常に高いです。ご自宅が空き家になった場合、様々なデメリットがあります。今回は、空き家問題とその備えとしての家族信託の有効性について解説しております。
親の施設入所に伴う空き家リスクと家族信託の画像

ペットに財産を残すための家族信託|リーフ司法書士事務所

ペットに財産を残すための家族信託

今回は、ご自身が飼育が困難になったり亡くなった後の、ペットへの財産の承継手続について家族信託を使った方法を解説しております。法律上、ペットは物として扱われていることからペット自身へ財産を承継することは困難です。そのため、負担付遺贈や負担付死因贈与契約、家族信託を使い、ペットの飼育の実効性を確保する必要があります。
ペットに財産を残すための家族信託|リーフ司法書士事務所の画像

家族信託の受益者代理人は何をするの?

家族信託の受益者代理人は何をするの?

家族信託を行った場合に、受益者代理人というものがあります。今回は、この受益者代理人がどのようなことをするのか等について解説しております。
家族信託の受益者代理人は何をするの?の画像

相続対策において遺言書と家族信託はどちらが優先するの?

相続対策において遺言書と家族信託はどちらが優先するの?

相続対策において遺言書を書いた後に家族信託をした場合、逆に家族信託をした後に遺言書を書いた場合はどちらが優先するのでしょうか?相続対策に関心が高い人は、家族信託をする前に遺言書を残している場合が多いです。今回は家族信託と遺言書の優先順位について解説しております。
相続対策において遺言書と家族信託はどちらが優先するの?の画像

相続対策として家族信託をする場合、法人は受託者になれるの?

相続対策として家族信託をする場合、法人は受託者になれるの?

相続対策として家族信託を用いる場合、受託者になる人がいないときはどうすればいいのでしょうか?今回は受託者として法人を設立する場合の注意点について解説しております。
相続対策として家族信託をする場合、法人は受託者になれるの?の画像